OKINAWA MOVIE LIFE

沖縄(宮古島)在住の映画好き。ツイッターは@otsurourevue

旧作

『最高殊勲夫人』と『テラスハウス:クロージング・ドア』

かたや増村保造監督作品の中でも人気の高い映画。かたやフジテレビにて放映されていた恋愛バラエティ番組の劇場版。制作時期に50年以上も隔たりがあり、おそらくはこの二つのどちらも好きだという人はまれだと思うが、この二つを並べて見えてくるものがあっ…

『西遊記~はじまりのはじまり~』('13/チャウ・シンチー)

日常で抱えている鬱憤と作品の発するメッセージが一致する瞬間がある。そういった瞬間のために僕は映画を見ている。 最近少し嫌なことがあった。「強い者」が自分より弱いと思い込んでいる相手を選んで喧嘩を売り、さらに強い者からの攻撃はうまくかわして世…

『おニャン子ザ・ムービー 危機イッパツ!』('86/原田眞人)

アイドルに夢中になったことはない。 確か中学高校の頃は広末涼子とか優香がいたし、モーニング娘。も全盛期だったけど、当時の僕はロックが好きで、自分で曲を作って自分で唄うことこそ芸術表現だと思い込んでいた(もちろん今はそう考えていません)。あと…

『1999年の夏休み』('88/金子修介)

髪がピンクの少女に出会ったのは人生のエアポケットの時期だった。 と、書くとなにやら怪しいロリータ小説でも始まりそうだが、なんのことはない。人生の中で少々落ち込んでいた時期に『少女革命ウテナ』('97/幾原邦彦)を観て感銘を受けたということだ。 決…

『闇のまにまに』('09/友松直之)

夏である。特に今年の夏は猛暑だ。そこで冷ややかな映画を紹介したい。 90年代の日本映画には夏の香りがする。特に、あのフィルムのざらつきが、他のどの時代のどの国の映画よりも「夏」を思い起こさせる。 僕は勝手にその感触を「夏のぬけがら」感と呼んで…

『百円の恋』('14/監督:武正晴)

「物事を始めるのに遅すぎることなんて無い」なんて嘘っぱちだ。サボっていたツケは必ず払わされるし、若い時からコツコツやっていた連中には敵わない。それでも、始めないという選択肢は、無い。 『百円の恋』('14/監督:武正晴)。実家でニート暮らしを…

『OLの愛汁 ラブジュース』('99/監督:田尻裕司)

椎名林檎がフジロックに出演した際に以前のツアーでグッズとして販売された旭日旗が振られたことについてあちこちで話題になった。個人的な所感としては、たとえそれがユーモアだったにせよ、椎名林檎サイドもデリケートさに欠けていたかなという印象を持っ…

『[Focus]』('96/監督:井坂聡)

浅野忠信のことで口論になったことがある。近年のハリウッド映画や巨匠の映画に出演するようになった浅野忠信を批判する人に対し、そういった活動も肯定的に捉えている自分が反論したのだ。脚本をそのまま読んでいるような演技は誰でもできるからと彼は言っ…

『自転車吐息』('89/監督:園子温)

青春映画の定義について考えた。僕ももう30過ぎのおっさんなので、さすがに今の自分が青春時代にあるとは思っていない。まあ、「青春」という言葉に少しの気恥ずかしさを込めて、青春が過ぎ去った者として考えるのは、すべての青春映画がそうだとは言わない…

『ゴースト・ドッグ』(ジム・ジャームッシュ)

1999年製作。ジム・ジャームッシュ監督、フォレスト・ウィテカー主演の一風変わった殺し屋を題材にした映画。 はじめに言っておくと、この映画の全容をつかめた気というのはまったくしなくて、どんな言葉を紡いでも浅いものになりそうな気がしている。だから…

『レポマン』(アレックス・コックス)

DVDで鑑賞。 ストーリー性が強い作品ではなく、役者に華もないので若干退屈ではあるが、いくつかのショット、そしてラストにはかなり打ちのめされた。 最近のアメリカ映画での核の扱いの安易さには辟易するけれども、この映画が撮られた1984年においてはまだ…

『赤ちゃん教育』(ハワード・ホークス)

DVDにて鑑賞。 名作の誉れ高い作品なので構えてみたら、とんでもなくパンクでアナーキーな映画だと思った。格調高いところはほとんどなく、この映画から教訓らしいものを受け取ることは難しい。未だに「なんだったんだあれは?」という心境。 はっきり言って…

『ウィッカーマン』(ロビン・ハーディ)

これは久しぶりにオールタイムベスト審議委員会にかける案件が出てきたと思った! うまくはない。それも込みで作っている可能性もあるが、技術は高くない。が、画面に映るものすべてが狂ってて面白いし、間違いなく好きだ。 それで思った。対象があれだけ常…

『狼男アメリカン』(ジョン・ランディス)

レンタルDVDにて鑑賞。 最近の映画で人間から異獣へ変化するシーンをとる際には、CGの変化もあるのかリアリティを重視した結果なのかは知らないがさらっと描くようになった。だが、この映画が公開された80年代はVFXの技術を見せるためかなり尺がとられている…

『ガメラ3 邪神覚醒』(金子修介)

新宿駅の大狂乱シーンだけでも映画史に残る。全体としては様々なエピソードを詰め込んだため散漫な印象は受けるが、この雑多な感触がそのままガメラの巨体に内包しているものの多さのように思えてくる。 正直に言って『ガメラ3』はまだ咀嚼しきれていないと…

『ガメラ2 レギオン襲来』(金子修介)

今まで観たことなかったということを白状するのが恥ずかしくなるくらい、最高! 観終わってしばらくしてもまだ興奮している。鑑賞中に受ける感触は『E.T.』に近かった。おかしいところとか欠点はあるし、そこを頭の中の冷静な部分で指摘はできるんだけど、他…

『ソラニン』(三木孝浩)

僕は結構好きです。「青春の終わり」映画としてなかなかいい線行っていると思います。このあたりの良さは『僕等がいた』でもちょっと感じたけれど、監督の資質として合っているのは多分こっち。 ただ、近藤龍人さんの撮影に支えられている部分は正直かなり大…

『MAKE THE LAST WISH』(園子温)

日本映画専門チャンネルにて鑑賞。 多分、園監督的には制作経緯から言って不本意な出来なのだろうけど、個人的には結構楽しめました。「アヴリル・ラヴィーンの妹」オーディションのドキュメンタリーに双子の姉の敵討ちのため参加した満島ひかりに関する劇パ…

『コータローまかりとおる!』(鈴木則文)

2014/7/25@新文芸坐 漫画の実写化かくあるべし。 要は、少年漫画らしいスケベな主人公にジャッキー・チェン要素を足したもの。格調高さはまるでないものの、漫画の登場人物をパロディ的に再現するばかばかしさに拍手。 漫画的なばかばかしさというのは衣装…

『伊賀野カバ丸』(鈴木則文) 

2014/7/25@新文芸坐(鈴木則文特集上映)『コータローまかりとおる!』よりこちらの方が完成度高い。けれども、こちらのほうが支離滅裂だw この真田広之(写真右)を見て笑わない人がいるんだろうか。 基本的に黒崎輝を主人公にした漫画原作映画はどちらも…

『モンスターズ 地球外生命体』(ギャレス・エドワーズ)

レンタルDVDで鑑賞。 もうすぐ公開されるリブート版『GODZILLA』の監督に抜擢されたギャレス・エドワーズのデビュー作品。 タイトルから連想されるようなモンスターパニック映画を期待すると少し肩すかしをくらうかもしれない。ただし、SFであることは間違い…

『ウォールフラワー』(スティーブン・チョボウスキー)

レンタルDVDで鑑賞。 青春を決して過大評価も過小評価もせず描いている(そりゃエマ・ワトソンが演じることで生じる付加価値はあるが)。 なんというか、この映画を語っているとどんどん自分語りが出てきそうなんで、少し調節しながら話したいわけです。数年…

『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』(ジム・ジャームッシュ)

レンタルDVDで鑑賞。夜の映画。この映画はいくつもの相反した要素を併せ持ちながら進んでいく。古い技術/新しい技術、闇/光、生/死、男/女。そして辿り着く先。 おそらく僕が言わなくてもこれまでに百万人が言ったことだとは思うが、音楽や文学を愛する…

『四月物語』(岩井俊二)

レンタルBlu-Rayで鑑賞。 久々に観た。大学入学当時というこの時期を切り取ってくれるだけで傑作認定したい。タイトルに反してほとんど物語はないにも関わらず女の子のスター性でひっぱるのはこれと『もらとりあむタマ子』くらいでは。 実は、中盤に回想で北…

『アイドル・イズ・デッド』(加藤行宏)

レンタルDVDで鑑賞。 おもしろかった!既存のアイドル映画×とあるジャンルといった趣なのだけれども、まだレンタル始まったばっかりだし、どんなジャンルかも伏せておく。どんなジャンルかも知らずに観てびっくりしてほしいという気持ちがあるので。 僕に至…

『白鳥麗子でございます!』(小椋久雄)

日本映画専門チャンネルで放送していたものを視聴。 とりあえず、画質が綺麗だった。素人考えだけど、ハンディカムも多いし撮影はフィルムじゃないのかもな。 やっぱりさ、登場人物に「まあ、あそこにいい男がいるわ」と言わせてはいけないと思う。そして、…

『ブラックホーク・ダウン』(リドリー・スコット)

レンタルBlu-Rayにて鑑賞。 改めてブルーレイで観ると隅々まで構成された画面や色彩にうっとりする。けれども描かれるのは悲惨な戦場。このバランスがリドリー・スコットらしい。 正直、自分の中で好きか嫌いかはっきりした作品ではない。まだ咀嚼しきれてい…

『浮き雲』(アキ・カウリスマキ)

レンタルDVDで鑑賞。かなり好き。今まで見た中では一番見やすいと思った。アキ・カウリスマキ監督の円熟を感じた。初心者にもおすすめかも。 カウリスマキ作品の中では見やすいと書いたのは、これがかなり強固な物語構造を持っているから。けれども、冷静に…

『生きるべきか死ぬべきか』(エルンスト・ルビッチ)

以前レンタル落ちを購入していたDVDを鑑賞。とてもよかった。物語を進めることが第一義、メッセージを伝えることが第一義の映画だが、それでも要所要所で爆撃映像を挿入する、中盤の劇場内追いかけっこの映画的高揚等、見所はあった。 この映画を下敷きにし…

『愛しのタチアナ』(アキ・カウリスマキ)

レンタルDVDで鑑賞。モノクロ映画。何本か見て思ったけれども、もうカウリスマキ作品は面白いとかつまらないとか、そういった次元で語るのはよしたい。そこに世界があるだけでいい。 ロードムービーですね。とにかく、マッティ・ペロンパーのぎこちない動き…

『浜辺の女』(ジャン・ルノワール)

素晴らしかった。スコット、ペギー、テッド、3者3様の過去への執着、それらの作用によってドラマが進む。 ペギーとテッドの関係性は『散りゆく花』を連想したし、また、これより後の作品だが『めまい』に近いものを感じた。 テッドの家の美術はゴシックなも…

『ヒズ・ガール・フライデー』(ハワード・ホークス)

すでに評価が固まっているこの作品に私が何を言ったところで無意味なのだけれども、とにかく楽しんだ。それもほとんど古典ではなく、新作と遜色ない具合に。 90分のランタイムの中で会話の果たす役割は大きい。絶え間なく繰り出されるトーク、そのスピードに…

『ハナ 奇跡の46日間』(ムン・ヒョンソン)

レンタルDVDにて鑑賞。YUMEGIWA LAST GIRLS!これ、本当に映画館で観たかった。おそらく、没入の度合いが全然違ったはず。 まずこの映画の素晴らしさは、役者さんがきちんと卓球をしていて、プロの試合に見えることがあげられる。どこまでが本人の演技でどこ…

『チャイニーズ・ブッキーを殺した男』(ジョン・カサヴェテス) 

レンタルDVDにて鑑賞。数年前までプレミア価格だった映画がレンタルで見られるなんて、改めていい時代になった。もちろん傑作! カサヴェテス監督はまだ『アメリカの影』と『フェイシズ』しか見たことなかった。それらの作品は確かにとても魅力的だが、パタ…

『フェイシズ』(ジョン・カサヴェテス)

レンタルDVDにて鑑賞。圧倒された。 終盤にある人物の口からこの映画のテーマがはっきりと語られていることの繰り返しにはなるけれども、カサヴェテスの即興的演技は人物の内面をあらわにする性質のものではなく、むしろその人物の浅さを露呈するものになっ…

『クレヨンしんちゃん 電撃!ブタのヒヅメ大作戦』(原恵一)

原恵一作品となっては今となっては感動モノの印象が強いけれど、こちらは(確かに感動する要素はあるものの)娯楽に徹している印象。楽しかった。 ギャグのハチャメチャさはなりを潜めている。まつざか先生のカラオケやIZAMの登場が浮いている気はするが、全…

R-18文学賞 vol.1 自縄自縛の私(竹中直人)

正直にいえば序盤〜中盤はいまいちかなと思っていた。キャラクターが平板でその他の描写もリアリティがなく、役者でひっぱるのも難しいのかと。ただ、このちゃちさが終盤の展開に活きてくるように感じた。 ラスト40分、往年のロマンポルノを思わせるような展…

おもひでぽろぽろ(高畑勲)

なんだろうな、これは。自分の中では、いいところとすんなりと呑み込めないところが混在している映画という印象で。 まず、日常の動きを再現するために細かいところまで気を配った動画が素晴らしい。情報量の多い動きによって、絵に命を与え、観客にとっては…

JUNO ジュノ(ジェイソン・ライトマン)

ジェイソン・ライトマンはこの作品と続く『マイレージ、マイライフ』において、明らかに映画にマジックが起きているとしか思えない。素晴らしかった。 僕、『パシフィック・リム』みたいな映画を見ても「なんでこれを日本でつくれないんだ」とは思わないんで…

ハイスクール白書 優等生ギャルに気をつけろ!(アレクサンダー・ペイン)

とても面白かった。一時も飽きることなく見ることができ、アレクサンダー・ペインの優秀なストーリーテリングを堪能。 最初は複数の語り手が存在する作りに、これは奇抜かもしれないけど映画としてはどうだろうと思っていたんだけれども、改めて振り返ってみ…

ラルジャン(ロベート・ブレッソン)

はっきりいって呑み込めてないです。昔の映画を評するのに、それより後に発表された愚を覚悟で言うなら、連想した作品は『ザ・マスター』と『シークレット・サンシャイン』だった。 こういうのが俺の甘さだというのは自覚しているけど、あれほどまで映画上で…

ガンモ(ハーモニー・コリン)

コリン監督作を観るのは2作目。竜巻によって疲弊した町を描く。中心になるのは、ちびでやせっぽちな青年と背の高い青年のコンビが色々と非倫理的なことを繰り返すだけで、ストーリーらしいものはない。猫好きは注意。 一応中心になる青年たちのエピソードの…

悪の法則(リドリー・スコット)

ライムスター宇多丸さんをはじめとする色々な人の批評で補助線が引かれていたこともあってか、この映画の持つ不穏さが自分にとって合致するような、映画経験でした。 ぼくにとって、『悪の法則』は2013年の1位に選んだ『ゼロ・ダーク・サーティ』と同じ効用…

甘い鞭(石井隆)

ちょっとネタバレせずに語るのが難しい作品。オープンエンドではあるけれど、ストーリーの肝が評価を左右するように思えるので。 最近の石井隆は『ヌードの夜』以降また若返っているように思う。これも『フィギュアなあなた』ほどではないにせよ変な映画だっ…

共喰い(青山真治)

ぬめっとした嫌な感触が全体を覆っているが、ロケーションの豊潤さにより映画として満足。よくよく考えれば、冒頭はほぼナレーションによる状況説明なのだけれども、なんというか、「場」から物語が立ちあがる感じがした。つまり、この映画の舞台となった下…

三人の妻への手紙(ジョセフ・L・マンキーウィッツ)

思ったよりも大胆な構成。いきなり話題に出ている人物のナレーションが入ったり、回想が本編を食ったり。しかしながら、マクガフィンが虚実を明らかにする展開が見事。つまり、その場にはいないアディという女性が映画全体をひっぱるわけです。そしてアディ…

風と共に散る(ダグラス・サーク)

これは三宅隆太監督が言うところの「心霊映画」。なんせ冒頭から風でカレンダーが逆にめくれるところから始まっている。この部分のアニメーションが不気味でよかった。ほとんどアバンタイトルの部分はゴシックホラーの要素もある気がする。 この時期(1950年…

桜、ふたたびの加奈子(栗村実)

日本版『ラビット・ホール』だった。 お涙頂戴映画の皮を被ったジャンル映画(ホラー?)として一部で評価が高い本作ですが、わりとまっとうに楽しめました。結構演出が面白い。冒頭の葬式シーンはわりと長めのカットをとるし、その他にも「なんでこんな撮り…

アカルイミライ(黒沢清)

黒沢清作品で一番思い入れのある映画なので、ちょっとこの映画との思い出について語らせていただきます。 改めて感じたけれど、「東京映画」だと思うんです。この映画が公開されたのは、僕が高校から大学に上がる頃。実は劇場では観ておらずレンタルになって…

わが青春のマリアンヌ(ジュリアン・デュヴィヴィエ)

松本零士にメーテルのインスピレーションを与え、早川義夫に「マリアンヌ」という名曲を作らせたのも納得の傑作。狂気の入れ子構造が見事だった。 この物語を牽引する人物は、すべて外界からもたらされたもの、つまり「転校生」なんです。だから、物語が進む…