読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

OKINAWA MOVIE LIFE

沖縄(宮古島)在住の映画好き。ツイッターは@otsurourevue

『なんちゃって家族』(ローソン・マーシャル・サーバー) ★★★★★

レンタルBLU-RAYにて鑑賞。 うわー、すごい好きだこれ。こういう映画を積極的に推していきたい。 満点のコメディ映画だった。こういう映画があるという事実だけでうれしくなる。ジェニファー・アニストンはいい歳のとり方をしているなと思った。 この映画の…

『ザ・イースト』(ザル・バトマングリ) ★★★☆☆

レンタルにて鑑賞。 テーマの重要性が強い作品。なので簡単に好きとか嫌いとかで判断できない。ただ、重要な映画だと思ったし、日本ではこんな映画作られないだろうなと思わざるを得なかった。 ノンフィクション映画ではないのだけれども、ノンフィクション…

『私の男』(熊切和嘉) ★★★★☆

2014/6/17@桜坂劇場 この映画については、二階堂ふみの演技については恐ろしさを感じるくらい完璧だと思うと同時に、やっぱり熊切監督の演出はあまり肌に合わないと実感した。 熊切監督の映画は近藤龍人さんの撮影による寒々としているけれども美しい風景が…

『グランド・ブダペスト・ホテル』(ウェス・アンダーソン)  ★★★★★

2014/6/15@シネマQ ちょう最高!至福の100分。21世紀に入ってからのウェス・アンダーソン最高傑作では? 一緒にこの映画観た彼女は初めてウェス・アンダーソン作品を観たのだけれども、楽しめたと言っていたので、おそらく映画マニアだけに訴求する作品で…

『チョコレートドーナツ』(トラヴィス・ファイン) ★★★☆☆

2014/6/15@桜坂劇場 タイトルとは打って変わってかなりビターな映画だった。非常に有意義な問いかけであると思う。 多くの人の胸に訴えかける物語であり、メッセージ性が重要な作品奈緒で本当はあれこれ批評するのは的外れなのかもしれないです。けれども、…

『黒執事』(大谷健太郎、さとうけいいち) ★★★

レンタルBlu-Rayで鑑賞。惜しいなあ。十分面白くできそうなのに。西洋を舞台にした原作をパラレルワールドに置き換えた発想は悪くないし、美術もがんばっているので、設定を突き詰めて、あと演出の改善を行えば十分良作になれたのに。 昔くりいむしちゅーの…

『スノーピアサー』(ポン・ジュノ) ★★★★★

レンタルBlu-Rayで鑑賞。とてもよかった。ポン・ジュノすごい。ただ、正直なところすべてを受け止めきれなかったかも。 この映画は実はハリウッド映画ではない。出資国にアメリカはいるが、撮影はチェコだし、そして何より韓国映画だ。韓国の映画に世界各地…

『ウォールフラワー』(スティーブン・チョボウスキー)

レンタルDVDで鑑賞。 青春を決して過大評価も過小評価もせず描いている(そりゃエマ・ワトソンが演じることで生じる付加価値はあるが)。 なんというか、この映画を語っているとどんどん自分語りが出てきそうなんで、少し調節しながら話したいわけです。数年…

『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』(ジム・ジャームッシュ)

レンタルDVDで鑑賞。夜の映画。この映画はいくつもの相反した要素を併せ持ちながら進んでいく。古い技術/新しい技術、闇/光、生/死、男/女。そして辿り着く先。 おそらく僕が言わなくてもこれまでに百万人が言ったことだとは思うが、音楽や文学を愛する…

『ポール・ヴァーホーヴェン トリック』(ポール・ヴァーホーヴェン) ★★★★★

レンタルDVDで鑑賞。 冒頭4分間を映像化して公開し、それから先の脚本を一般公募したという実験的な作品。いわゆるヴァーホーベン的な悪趣味が、映像的に出てきているのは実はこの4分間だったりする。つまり、トイレの中に見えるあれですね。 私はどうしても…

『四月物語』(岩井俊二)

レンタルBlu-Rayで鑑賞。 久々に観た。大学入学当時というこの時期を切り取ってくれるだけで傑作認定したい。タイトルに反してほとんど物語はないにも関わらず女の子のスター性でひっぱるのはこれと『もらとりあむタマ子』くらいでは。 実は、中盤に回想で北…

『アデル、ブルーは熱い色』(アブデラティフ・ケシシュ) ★★★★★

輸入版Blu-Rayを英語字幕付きで鑑賞。ファーストシーンから「あ、これ俺の好きな演出だ」というのが冴えわたっている映画。とてもよかった。 とはいえ、この映画は別段新しいことをしているわけではない。ストーリーは私の拙い英語力でも理解できるくらいシ…

『鷹の爪7 女王陛下のジョブーブ』(FROGMAN) ★★★★★

youtubeで鑑賞。いやー、これはまさにナーメテーター。普通によかったし、泣けた。 「働く」というテーマに絞った脚本もよかった。けれども、僕がなんでこのあまりなじみのないキャラクターが出てくるフラッシュアニメに引き込まれたかというと、その多くは…

『アイドル・イズ・デッド』(加藤行宏)

レンタルDVDで鑑賞。 おもしろかった!既存のアイドル映画×とあるジャンルといった趣なのだけれども、まだレンタル始まったばっかりだし、どんなジャンルかも伏せておく。どんなジャンルかも知らずに観てびっくりしてほしいという気持ちがあるので。 僕に至…

『アイドル・イズ・デッド ノンちゃんのプロパガンダ大戦争』(加藤行宏) ★★★★

レンタルDVDで鑑賞。こんな映画観たことない!いや、実は一個だけ近い映画がある。言うならばこれはBiS版『愛のむきだし』だ。 1作目はジャンル映画にBiSという素材を乗っけて、そのケミストリーを楽しむところが大きかったが、今作は発展形としてBiSを中心…

『白鳥麗子でございます!』(小椋久雄)

日本映画専門チャンネルで放送していたものを視聴。 とりあえず、画質が綺麗だった。素人考えだけど、ハンディカムも多いし撮影はフィルムじゃないのかもな。 やっぱりさ、登場人物に「まあ、あそこにいい男がいるわ」と言わせてはいけないと思う。そして、…

『ブラックホーク・ダウン』(リドリー・スコット)

レンタルBlu-Rayにて鑑賞。 改めてブルーレイで観ると隅々まで構成された画面や色彩にうっとりする。けれども描かれるのは悲惨な戦場。このバランスがリドリー・スコットらしい。 正直、自分の中で好きか嫌いかはっきりした作品ではない。まだ咀嚼しきれてい…

『浮き雲』(アキ・カウリスマキ)

レンタルDVDで鑑賞。かなり好き。今まで見た中では一番見やすいと思った。アキ・カウリスマキ監督の円熟を感じた。初心者にもおすすめかも。 カウリスマキ作品の中では見やすいと書いたのは、これがかなり強固な物語構造を持っているから。けれども、冷静に…

『生きるべきか死ぬべきか』(エルンスト・ルビッチ)

以前レンタル落ちを購入していたDVDを鑑賞。とてもよかった。物語を進めることが第一義、メッセージを伝えることが第一義の映画だが、それでも要所要所で爆撃映像を挿入する、中盤の劇場内追いかけっこの映画的高揚等、見所はあった。 この映画を下敷きにし…

『愛しのタチアナ』(アキ・カウリスマキ)

レンタルDVDで鑑賞。モノクロ映画。何本か見て思ったけれども、もうカウリスマキ作品は面白いとかつまらないとか、そういった次元で語るのはよしたい。そこに世界があるだけでいい。 ロードムービーですね。とにかく、マッティ・ペロンパーのぎこちない動き…

『THE NEXT GENERATION パトレイバー 第1章』(押井守) ★★★

レンタルDVDで鑑賞。実はパトレイバー関係に触れるのはこれが初めてなのですが、わりと楽しめました。 なんというか、拘束時間は長いけど閑静期というあのバランスについて描いた「お仕事」映画として楽しかった。 この作品で重要なのは、シバシゲオという声…

『浜辺の女』(ジャン・ルノワール)

素晴らしかった。スコット、ペギー、テッド、3者3様の過去への執着、それらの作用によってドラマが進む。 ペギーとテッドの関係性は『散りゆく花』を連想したし、また、これより後の作品だが『めまい』に近いものを感じた。 テッドの家の美術はゴシックなも…

『ヒズ・ガール・フライデー』(ハワード・ホークス)

すでに評価が固まっているこの作品に私が何を言ったところで無意味なのだけれども、とにかく楽しんだ。それもほとんど古典ではなく、新作と遜色ない具合に。 90分のランタイムの中で会話の果たす役割は大きい。絶え間なく繰り出されるトーク、そのスピードに…

『ハナ 奇跡の46日間』(ムン・ヒョンソン)

レンタルDVDにて鑑賞。YUMEGIWA LAST GIRLS!これ、本当に映画館で観たかった。おそらく、没入の度合いが全然違ったはず。 まずこの映画の素晴らしさは、役者さんがきちんと卓球をしていて、プロの試合に見えることがあげられる。どこまでが本人の演技でどこ…

『チャイニーズ・ブッキーを殺した男』(ジョン・カサヴェテス) 

レンタルDVDにて鑑賞。数年前までプレミア価格だった映画がレンタルで見られるなんて、改めていい時代になった。もちろん傑作! カサヴェテス監督はまだ『アメリカの影』と『フェイシズ』しか見たことなかった。それらの作品は確かにとても魅力的だが、パタ…

『フェイシズ』(ジョン・カサヴェテス)

レンタルDVDにて鑑賞。圧倒された。 終盤にある人物の口からこの映画のテーマがはっきりと語られていることの繰り返しにはなるけれども、カサヴェテスの即興的演技は人物の内面をあらわにする性質のものではなく、むしろその人物の浅さを露呈するものになっ…

『オンリー・ゴッド』(ニコラス・ウィンディング・レフン) 判定不能

レンタルDVDで鑑賞。 正直に言います。よくわかりませんでした。 もう少し他のN.W.レフン作品を見てから改めて評価は下したいのだけれども・・・。ラスト20分くらいで完全についていけなくなっちゃった感がある。 噂に違わずヘンな映画だと思った。思ったよ…

『クレヨンしんちゃん 電撃!ブタのヒヅメ大作戦』(原恵一)

原恵一作品となっては今となっては感動モノの印象が強いけれど、こちらは(確かに感動する要素はあるものの)娯楽に徹している印象。楽しかった。 ギャグのハチャメチャさはなりを潜めている。まつざか先生のカラオケやIZAMの登場が浮いている気はするが、全…

テルマエ・ロマエII(武内秀樹) ★★

(@シネマQ) 批評を必要とする作品ではないので、細かい点は置いておく(魔女の概念が一般化したのはキリスト教以後では?等)。実際、わりと笑えたし。ただ、どうしてももっとがんばってほしかったところがある。 クライマックスで重要な役割を果たす水…

映画クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん(郄橋渉) ★★★★

とてもよかったです。泣きました。僕は中島かずき脚本が何だかんだで好きなんだと実感。 設定が絶妙。クレヨンしんちゃん映画はプログラムピクチャーであるため、キャラクターの劇場版での記憶はそのたびにリセットされるはずだ。しかしながら、野原ひろしは…

とらわれて夏(ジェイソン・ライトマン) ★★★★

まず、今までのジェイソン・ライトマンのイメージを大きく裏切るような作品であることを述べたい。なんつーか、エロかった。 行為自体をモロに描いている訳じゃないんだけれども、視線の使い方やボディ・タッチ、料理作りという暗喩を駆使して、特に前半、本…

ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅(アレクサンダー・ペイン) ★★★

実を言うと、過去のアレクサンダー・ペインに比べ、若干のれなかった。ただ、これはあくまでも受け手の問題。それをまず表明しておく。私の父はこの映画に出てくるブルース・ダーンにちかいところがあったんですね。だからかもしれないけど、逆にアタマで見…

映画オールタイムベスト100

1オアシス 2リトル・ミス・サンシャイン 3気狂いピエロ 4愛のむきだし 5うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー 6暗殺の森 7シザーハンズ 8キャリー 9フォロー・ミー 10シャブ極道 11ダンサー・イン・ザ・ダーク 12マルホランド・ドライブ 13しとやかな獣…

LEGO(R)ムービー(フィル・ロード、クリストファー・ミラー) ★★★★

(@ミハマ7プレックス) よかったです!『スターウォーズ』や『2001年宇宙の旅』あたりの新古典というべき映画をもとに新世代の神話を作り上げていると思いました。 序盤はこれでもかってくらいの王道な展開を見たこともない映像でやってくれているところが…

アナと雪の女王(クリス・バック、ジェニファー・リー) ★★★★

れりごー!れりごー! 『アナと雪の女王』の何がいいって、やっぱりエルサの造る氷の造形で、単純に作り込みだけ見ても、もはや変態の域に達しているのだけれども、これがエルサの内面を如実に現していて、それがもう見事!こういうのって映画でしか見られな…

それでも夜は明ける(スティーヴ・マックイーン) ★★★★

連想した映画がなぜか『千と千尋の神隠し』と『TIME』だった。 スティーブ・マックイーン監督の映画を観るのは2作目。『SHAME』ではまだ文体を掴みきれていなかったが、今回はその文体により映画自体にも乗れた。長回しの多用により、作品自体の問題意識を観…

LIFE!(ベン・スティラー) ★★★★

確かに面白かったし、何度か泣いたけれども、(嫌な言い方になるが)多分年間ベストには喰い込まないだろうなあと思った。自分の中でそういった作品には一種の「毒」が必要な気がするので。 『エンド・オブ・ザ・ワールド』(スティーブ・カレルとキーラ・ナ…

小さいおうち(山田洋次) ★★★★★

(@シネマパレット) 歴史の不透明さに誠実に向かい合った作品。朝ドラのようなセットや芝居がかったセリフ回しがすべて有効に作用している。かといって、完全な絵空事にならないように役者の演技の間によって息が吹き込まれている。 やはりびっくりしたの…

Wake Up, Girls! 七人のアイドル(山本寛) ★★

こういう形式の作品も年末のランキングを考える際に考慮していいのだろうか。おそらく、TVシリーズのプリクエル的な作品なので単体の評価は難しいが、全体的に違和感。 さすが山本寛監督だけあって、作画のなめらかさとか美術とかは目を見張るものがあった。…

麦子さんと(吉田恵輔) ★★★

泣きました。吉田恵輔監督は、『さんかく』で恋愛がストーカー化する仮定を、『ばしゃ馬さんとビッグマウス』では夢を諦めるということを描き、まずその着眼点にびっくりするのだけれど、今回は親不孝について子供の視点から描いていて、やはりこの映画も「…

もらとりあむタマ子(山下敦弘) ★★★★★

聞きしに勝る傑作。前田敦子という女優は『クロユリ団地』でも感じたけれど、覇気のなさが魅力に繋がっていて、その意味でこれはジャストフィットな素材だった。で、昨日見た映画の中で、一番ドラマを感じたのも実はこの映画だった。秋編にて死んだ目でロー…

キック・アス/ジャスティス・フォーエヴァー(ジェフ・ワドロウ) ★★★

(@シネマQ) 面白かったし、何シーンかでは泣いたし、中盤まではひょっとして前作超えもありうるかと思ったけれど、収束に手間取った印象。 正直、なんでモヤモヤ抱えているのかうまく言葉にできない。これは人によっては評価するポイントなのかもしれない…

オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主 ★★★★★

DVDで鑑賞。 うぉぉマジかよ・・・。これはネタバレできん。観る予定のある人はなるべく事前情報を入れずに見てとしか。もし俺が普段あまり映画見ない人に最近のおすすめは?と聞かれたら間違いなくこれを勧める。 最初思ったのが、これシリーズものの「2」…

ウルフ・オブ・ウォールストリート(マーティン・スコセッシ) ★★★★

初めに言っておくと僕はそんなにスコセッシは好きな監督ではないです。『ミーン・ストリート』や『タクシードライバー』は好きだけれども、大作路線はちょっと疲れるので。ただ、それでもこの映画の超弩級さにはひれ伏すしかない。 とにかく、全編を通して明…

ニシノユキヒコの恋と冒険(井口奈巳) ★★★★

(@シネマQ) やばいな。すごい好きですよ、これ。好き度で言えば今年入って見た新作映画(といっても4本だが…)ではダントツ。中村ゆりかの透明感と、本田翼のめんどくささと、尾野真千子の母性がそれぞれ魅力的だった。 手元に資料がないので正確な引用が…

ビフォア・ミッドナイト(リチャード・リンクレイター) ★★★

(@桜坂劇場) 『ビフォア〜』シリーズの醍醐味とは、取り繕っている会話から徐々に本音が溢れていき、クライマックスで交わす会話の妙にある。今回も身につまされる。ジュリー・デルピーの怒り顔ちょっとトラウマ。 映画を語る方法はいくつかあって、この映…

トリック劇場版 ラストステージ  ★★

(@シネマQ) トリックの劇場版の中では一番出来がいいと思う。そりゃ、ミステリーとしては犯人が聞かれてもいないのに真相を明かすタイプのダメダメ作劇だし、小ネタの挟みもわずらわしい。けど、嫌いになれません。 ある程度『トリック』の登場人物に愛着…

もうひとりの息子 ★★

(@桜坂劇場) 評価の高い作品なので畏れ多いが、実はちょっと腑に落ちなかった。中東危機について浅学だからとは思うが、歴史的に根深い対立ゆえに果たしてこの解決でいいのだろうかと思ってしまったから。 『もうひとりの息子』に限らないけれど、海外の作…

武士の献立(朝原雄三) ★★★★

(@シネマQ) 面白かった。その前に見た『恋の渦』とは正反対で、旦那を立てつつも叱咤激励する良妻の物語だった。淡々としてはいるけれど、良質の映画。上戸彩は時代劇にはちょっと現代的すぎるかなと最初は思ったが、彼女の役割は封建的な時代に対する異端…

恋の渦(大根仁) ★★★

(@桜坂劇場) 僕にとっては怖い映画でした。町山智浩が見たら『トラウマ恋愛映画館』に入れるんじゃないのだろうか。観た後はタイトルの「恋の渦」という言葉が皮肉に響く。 あらかじめ言っておくと、とても評価が高い作品だし、ぼくも完成度の高さは認める…