読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

OKINAWA MOVIE LIFE

沖縄(宮古島)在住の映画好き。ツイッターは@otsurourevue

喪の作業をめぐる二つの映画について

「喪の作業」というのはフロイト先生が作った言葉で、端的にいえば愛する人を失った悲しみを受け入れていくプロセスのことを指す。



 なぜこの話から始めるかというと、最近、ぼく自身が喪失感を経験する出来事があり、時を同じくして鑑賞した二つの映画にシンクロしたからだ。