読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

OKINAWA MOVIE LIFE

沖縄(宮古島)在住の映画好き。ツイッターは@otsurourevue

ひぐちアサ『ヤサシイワタシ』(講談社アフタヌーンKC)

 再読。なんだろ。大学を卒業して、さらに映画を観るようになってしばらく経ったからか、わかることが増えた気がする。『おおきく振りかぶって』と同作者でありながら壮絶な展開は問題作と言って差し支えないだろう。
 この作品は台詞が独特の切り方をしている。それ故、最初は混乱する部分もあるのだけれど、同時に過去に自分がしてきた会話と重なる瞬間が出てくる。また、大学生で写真サークルという具合に場所を限定し、社会に出る直前の時期を描いているのもかなり痛切。
 弥恵は自分の中にも住んでいて、決して直視したくない部分だった。


『ヤサシイワタシ』はちゃんと技量を持った監督が映画化すれば確実にその年の話題をかっさらう傑作になる。最も適任なのは吉田恵輔監督だろうな。井口奈己でもいけそう。

ヤサシイワタシ(1) (アフタヌーンKC)

ヤサシイワタシ(1) (アフタヌーンKC)

ヤサシイワタシ(2)<完> (アフタヌーンKC)

ヤサシイワタシ(2)<完> (アフタヌーンKC)