読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

OKINAWA MOVIE LIFE

沖縄(宮古島)在住の映画好き。ツイッターは@otsurourevue

『伊賀野カバ丸』(鈴木則文) 

旧作

f:id:otsurourevue:20140925233858j:plain
2014/7/25@新文芸坐鈴木則文特集上映)

コータローまかりとおる!』よりこちらの方が完成度高い。けれども、こちらのほうが支離滅裂だw この真田広之(写真右)を見て笑わない人がいるんだろうか。
 基本的に黒崎輝を主人公にした漫画原作映画はどちらも同じ方程式だと思っていて、主人公を黒崎に、いや、ジャッキー・チェンに引き寄せている印象。ただ、コータローが性欲に引き寄せられたキャラクターであるのに対しカバ丸は食欲に引き寄せられたキャラクター。後者のほうが彼のキャラクターには合っていたように思う。
 ちなみに、ほとんどストーリーはない。学園で騒動を引き起こして、剣道大会があって、山籠りのような修学旅行があって、宿命の対決がある。それぞれに物語的な繋がりはない。けれどもラストバウトには熱くなる。この構成、どこかで観たことがあると思ったら・・・『M★A★S★H』だ!
 結構本気で素晴らしい映画だと思います。